Choose your region, country and language

エコデザイン指令とは?

京都議定書の採択により、欧州連合(EU)は二酸化炭素を2020年までに少なくとも20%削減することを約束しました。

さらに詳細を表示する

この目標達成のため、EUは2005年にEuP指令「エネルギー使用製品のエコデザインに関する指令」を採択しました。

このEuP指令は、2009年にErP指令「エネルギー関連製品のエコデザイン指令」に名称が変更され、多数のエネルギー関連製品についてCo2削減の可能性を調査するとともに、それらについて最小限の要求基準が設定されることとなりました。ファンの基準値は2011年3月に定められました。(委員会規則(EU)327/2011)

消費電力が125 Wから500 kWまでのすべてのタイプのファンが対象となります。

この指令は27のEU加盟国内で拘束力を持ちます。第三国から欧州に輸入されるものを含め、EU内で販売されるすべてのファンにはこの指令が適用されます。 欧州に輸入される機器に使用されているファンには、効率の最低基準も適用されます。

      

ebm-papstの製品はファンに対する最低効率基準を満たしています。 詳細をご覧ください!

下記検索欄に製品の名称を正確にご入力ください:

Folgende Daten liegen vor:
Produktinformation
Angabe
{{successGuide}}:
{{norecord}}
{{serverDown}}

規制の各段階

2013年にファンの効率基準の第一段階が導入され、2015年にはさらに厳しい基準が施行されました。 ファンに課せられた規制には極めて厳しい許容限界が定められています。第一段階が導入された時点で、現在使用されているファンの約30%は新基準を満たさないため使用できなくなります。 2015年には第二段階が導入され、さらに現行製品のうち、さらに20%が基準を満たせなくなります。

false

組み込みファン

この規制は「スタンドアロン」機器として運用されるファンだけでなく、機器やシステムにコンポーネントのひとつとして組み込まれるファンにも適用されます。

カスタム設計か既製品か

エコデザインの規制からはカスタム設計のファンを除外し、カタログに掲載されている既製品は含めようとの声があります。 しかしこれは意味をなしません。

よくある質問とその回答

気候変動に関するEUの目標達成を支援します。エコデザイン規制の目的は環境に対する私たちの影響を軽減することです。
ErP指令は何らかの形でエネルギーを消費する製品の多くに関係します。 これはファン、モータ、あるいはポンプのようなコンポーネントや、換気や空調ユニットのような機器全体も考慮の対象となることを意味します。
消費電力が0.125 kWから500 kWまでの、すべてのタイプのファン(軸流ファン、ターボファン、前曲と後曲のブレードを持つターボファン、タンゲンシャルブロワ、および斜流ファン)が影響を受けます。 これは「スタンドアロン」として運転されるファンにも、機器やシステムにその一部として組み込まれるファンにも適用されます。
はい。 ErP指令は台所用レンジフード(280W以下のもの)と衣類乾燥機に使用するファンには適用されません。
EUはファンの施行規制案に最小規制値を定めています。これは最適点での消費電力を基に規定されています。ファンがErP施行規制案に適合するか否かの判断には、常にファン全体、つまり制御回路(あれば)、モータ、およびファンのインペラーの効率に対する検証が関わります。
施行から5年後に規制の見直しを行うことが法律に定められています。「Revision 2020」と呼ばれる協議がすでに進められています。今日、すなわち2018年9月までのところ、強制力を持つ協議結果は提出されていません。 EU委員会は2019年の欧州議会議員選挙までに新たな規制を成立させようと作業を進めています。

     

さらに情報が必要ですか?

ご希望に応じebm-papstのスペシャリストからご連絡を差し上げます。

* 必須項目

問い合わせ

サポートが必要ですか?ご要望に応じて、ebm-papstのスペシャリストからご連絡を差し上げます。