Choose your region, country and language

www.vdma.org

ebm-papstはVDMAのメンバーです。VDMA - Verband Deutscher Maschinen- und Anlagenbau(ドイツ機械工業連盟)は欧州有数の団体であり、欧州最大のエンジニアリング産業ネットワークを提供しています。機械工学は主要テクノロジーのひとつであり、経済を推進する強力なエンジンでもあります。機械工学は2,000億ユーロの売上(2011年)と947.000名の従業員(2011年10月)を担う、ドイツ最大の産業部門であり雇用者ともなっています。 

ebm-papstは長年にわたり、ECファン市場の成熟、空力学的に強化されたファンブレード、および資源節約に貢献する材料の選択を含め、エネルギー効率に優れた製品の推進役となってきました。しかしエネルギー効率に優れたファンとモータの開発と生産と平行して、ebm-papstは総合的な環境保護と、生産と処理両方における資源の持続可能な利用にも細かく注意を払っています。技術分野のリーダーは2009年に、「GreenTech」を会社のガイドラインとしてこのアプローチを導入しました。このためebm-papstはVDMAによるBlue Competenceイニシアティブを支援しています。

www.bluecompetence.net

Blue Competenceは、このイニシアティブに参加する全員が守るべき、信頼できかつ回復力のある持続可能性の基準を定めています。したがってBlue Competenceは、持続可能なソリューションや製品を求めるすべての人々、あるいは持続可能な行動を取る企業に対し、何に取り組むべきかを把握し、またそれについて確信を得ることを助けます。

www.evia.eu

ebm-papstはEVIAに加盟しています。European Ventilation Industry Association(EVIA)は、ブリュッセルのEUの各機関とebm-papstのパートナー各社のそれぞれの首都において換気産業の代表となっています。EVIAは、換気産業に加わる、意思決定者、学術関係者、およびその他関連団体を含む、欧州域内のすべての関係者の間のプラットフォームおよび接点となることを目指しています。

www.fgk.de

ebm-papstは業界団体であるFachverband Gebäude-Klima e.V. (FGK) に加盟しています。冷凍冷蔵と換気に関してドイツをリードする団体であるFGKは、市場パートナー、政治家、企業、標準化団体、および学術界に対し、メンバーである約300社の利益を代表しています。Fachverband Gebäude-Klima e.V.は、冷凍冷蔵、空調、および換気テクノロジーにおける再生可能エネルギーの利用を促進し、屋内の空気の質と建物設備のエネルギー消費を最適化し、また研究開発活動の起爆剤となり、それを支援することを主な目的としています。

ebm-papstはVDAに加盟しています。German Association of the Automotive Industry (VDA) は、国内外の両方において、ドイツ自動車産業の利益を促進することを主な活動分野としています。VDAのメンバーは自動車メーカー、部品サプライヤー、およびトレーラー、車体、バスのメーカーから集まっており、大きな力を有しています。他の多くの国とは異なり、これらの企業はいずれもひとつの組織の一部を構成しています。これにより直接的な対話と迅速な意思決定のための枠組が得られ、ドイツの自動車産業に重要な優位性を与えています。

www.vda.de

この団体は経済および交通政策、技術関連の法規、品質保証、および税制を含む、自動車事業のすべて面において加盟各社の利益を代表しています。環境と気候の保護は特に重視されています。 VDAはまた、常に業界と一般の人々の両方から大きな関心を集める、国際的な自動車と商用車の見本市も開催しています。

www.bdh-koeln.de

ebm-papstはBundesindustrieverband Deutschland Haus-, Energie- und Umwelttechnik e.V.(BDH - ドイツ連邦住宅、エネルギー、および環境技術協会) に加盟しています。BDHは効率と再生可能エネルギーの両方をその戦略としています。BDHの加盟各社は、暖房テクノロジーを中心とした建物設備のためのシステムを生産しています。この製品にはヒートポンプとガス凝縮テクノロジーを使ったシステムソリューションが含まれます。BDHの加盟各社はテクノロジーリーダーであり、国際市場において最高の位置付けを得ています。 

www.baumev.de

B.A.U.M.(ドイツ語で樹木)は、Bundesdeutscher Arbeitskreis für Umweltbewusstes Management e.V.(環境に優しい経営のためのドイツ連邦ワークショップ)の略語であり、経済、環境、および社会的課題を整理および解決し、また将来的に持続可能性の原則を適用することを目指して1984年(!)に設立されました。B.A.U.M.は企業、地方政府、および各機関の間において、問題先取り型の環境保護と持続可能な経済活動のビジョンに対する認識を高め、また環境的に有効な、経済的に意味のある、かつ社会的に正しい具体化を実現することを目指しています。

www.wirtschaft-pro-klima.de

ebm-papstはB.A.U.M.イニシアティブに参加しています。B.A.U.M.の「Wirtschaft pro Klima(気候に寄与する経済)」イニシアティブは、ドイツ企業による環境への取り組みに注目を集め、またそれを促進することを目的としています。自ら「Wirtschaft pro Klima(気候に寄与する経済)」と名乗ることは、気候保護に対する責任を受け入れることを明確に示しています。またこれについては証明することが可能です:加盟各社を結ぶデータベースを通じ、気候保護への各社の取り組みと、それによって回避された二酸化炭素排出の量が示されます。 

www.kilmaschutz-unternehmen.de

ebm-papstは「Klimaschutz-Unternehmen」に加盟しています。「Klimaschutz-Unternehmen(気候を保護する企業)」に加盟する各社は、気候保護とエネルギー効率に関する測定可能かつ野心的な目標達成を自ら約束し、またそれぞれの製品、サービス、および生産活動においてすでに卓越したエネルギー効率を達成しています。 気候保護のロールモデルである各社は、二酸化炭素排出の削減を継続し、次のことを立証しています:気候保護は経済的に引き合います!

www.modell-hohenlohe.de

ebm-papstはModell Hohenlohe e.V.に加盟しています。登録団体であるModel Hohenloheは1991年に設立され、車輪を再び発明することは望まないが、自らの目先だけにはとらわれず共通の問題を解決しようとする企業から構成された、強力かつ非営利の協会です。

www.ifv-bahntechnik.de/english

ebm-papstはIFV BAHNTECHNIKに加盟しています。IFV BAHNTECHNIK(学際的鉄道技術研究協会)は、学術界と輸送産業に関連するすべての業界セクターから約12,900のメンバー、パートナー、およびサポーターを集める、学際的、独立、かつ国際的な組織です。