Choose your region, country and language

GreenIntelligence

GreenTechの一貫した開発

グリーンインテリジェンスとは、高度な効率を持ち、インテリジェントに相互に接続されたECファンとモータを意味します。これはデジタル化とIndustry 4.0を通じてプロセスの効率を高めます。さらにデータ分析によって最適化の可能性をすべて実現することも意味します。またebm-papstにとってグリーンインテリジェンスとは、人工知能の使用を含め、持続可能な思考と行動を促進することも意味します。 

デジタル化のレベルが上がることに合わせるため、ebm-papstは以下のフォーミュラに従って自社のラベルをさらに変更しました:

Green Tech + digitization = Green Intelligence

ebm-papstは2009年以来、GreenTechマークを使って製品、生産、および業務プロセスにおける持続可能性への支持の姿勢を表してきました。

省エネルギーのECファン、エネルギーマネジメントや建物関連の技術における効率化手段、物流、あるいはebm-papstの成功モデルである「Energy Scouts」トレイニープロジェクトのいずれにおいても:ebm-papstは常に価値チェーン全体を通じてエネルギーと資源利用の効率を最大限に高めることに取り組み、またそのことをGreenTech哲学を通じて示しています。

シュテファン・ブランドル(Stefan Brandl)CEOがグリーンインテリジェンスを紹介します。

   

グリーンインテリジェンスは経済とエコロジーを一歩進めます。

適切なドライブやファンの選択にあたっては、性能やたとえばエネルギー効率など製品の特性だけでなく、各コンポーネント間の連携が最適な形で取られていることも重要です。 ebm-papstのすべてのグリーンインテリジェンス製品はIoTに対応し、またプラグ&プレイ機能によりどのようなシステムにも迅速、簡単に接続することが可能です。

グリーンインテリジェンス関連のニュース

News
GreenIntelligence takes economy and ecology a step further

ebm-papst turns energy-efficient fans and drives into intelligently interconnected complete solutions. "GreenIntelligence", to be presented for the first time at the Chillventa trade show in Nuremberg, is an impressive expression of this.

Find out more

   

Chillventa 2018を振り返る

このビデオでは成功に終わったChillventa 2018見本市を振り返っていますが、ebm-papstにとってはデジタル化が重要なトピックでした。