Choose your region, country and language

企業社会責任

ebm-papstは自らの成功が周囲の人々の成功でもあることを十分に承知しています。また自社の出自と地域でのルーツにより、長期的成功にとって団結と連帯がどれほど重要であるかも承知しています。これがebm-papstが各拠点と各地域において、地域コミュニティによる様々な活動を支援している理由です。このことにおいて、ebm-papstは若年層に特に注力しています。 

ebm-papstは以下の分野で支援を行っています:

  • 教育とトレーニング
  • スポーツ
  • 文化
  • 社会
  • イベント

 

具体的には、ebm-papstはプロジェクトの支援に関して以下のルールを定めています:

  • 地域性を持つ主催者またはイベントを支援する。
  • 若年層への支援活動に注力する。
  • 個人ではなくチームスポーツとグループのみを支援する。
  • ひとつの団体について1年間にひとつの活動のみを支援する。

ebm-papstの行動規範

コーポレートガバナンス:企業経営の原則

ebm-papstは特別な会社です - 50年以上にわたり経営を導いてきた基本的価値観がその主な理由です。ebm-papstの会社哲学の重要な側面のひとつとして、法律だけではなく倫理的基準に基づいて行動を決定することがあります。 ebm-papstは敬意と尊重をもって人や環境に接します。以下にその概要を示す原則はすべての従業員に適用されるものであり、また全員がebm-papstのルールに従い、その価値観に基づいて行動することを意図しています。 

GreenTech哲学

最初から最後までグリーン

環境保護に対する哲学、取り組み、および成果を支えるため、ebm-papstはこれらすべてをGreenTechの枠組みとしてまとめています。GreenTechが持つさまざまなメリットは、製品開発からそれが使用されるまでのすべてのプロセスの中で、互いに密接に絡み合うことで生まれています。また開発が完了した後には、さらに環境に優しく、経済的に優れた新たな製品開発目標が設定され、このようなサイクルを通して、開発が継続されています。 

詳細はこちら