Choose your region, country and language

完璧なコンポーネント間の調整

最適なガスと空気の混合比は燃焼時に得られるエネルギー量にとって極めて重要です。しかし、予混合システムの特性を調整することは容易ではありません。混合比は使用するガス(例:天然ガス、LPG、バイオガス)の燃焼熱に合わせて正確に調整しなければなりません。熱出力の柔軟性ももうひとつの課題です。ヒーティングシステムの調整範囲が広いほど、熱出力もニーズに合わせて調整しやすくなります。この調整レベルの限界は、予混合ブロワの最小出力と最大出力によって決定されます。また熱出力が低い場合にも最適な混合比を達成しなければならず、これは各コンポーネントが互いに完璧に調整されていなければならないことを意味します。これがebm-papstが1社においてガスブロワ、ベンチュリ、およびガスバルブを含む完全なヒーティングシステムを提供している理由です。

最大限の柔軟性を提供するカスタムソリューション

ebm-papstにとってお客様との密接な強力は重要です:これによりebm-papstのコンポーネントがお客様の最終製品に完璧にマッチし、最大限のエネルギーを得ることが可能となります。ebm-papstはまた、スペースと出力に関する個別の要件にも対応します。たとえばNRG77ガスブロワのハウジングにF01電子式ガスバルブを組み込むことにより、はるかにコンパクトなガスブロワシステムの開発が可能になりました。このシステムはまた空気の通過量を測定し、ガス/空気の最適な混合比を得るための質量流量センサーも備えています。

 

従来は5種類のコンポーネント(ブロワハウジング、ベンチュリノズル、バルブハウジング、バルブサイドカバー、およびシール)が使用されていたのに対し、現在ではバルブとシールを組み込んだブロワハウジングと、サイドカバー付きのベンチュリの2種類しか使用されていません。この新しい構成ではNRV77と比較して80%のスペースしか必要としません。

false

    

サポートが必要ですか?

ご要望に応じて、ebm-papstのスペシャリストからご連絡を差し上げます。

* 必須項目

問い合わせ

サポートが必要ですか?ご要望に応じて、ebm-papstのスペシャリストからご連絡を差し上げます。